京都大学大学院農学研究科 農学専攻 果樹園芸学研究室

  • Follow us
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • English

研究室トピック

お知らせ

  • 2017年11月27-28日:浙江大学との合同研究発表会に参加しました。
  • 2017年6月29日-7月1日:国立台湾大学・梅峰山地農場における合同研究発表会(Mei-Fong Forum 2017)に参加しました。
  • 2016年9月5-6日:国立台湾大学とのJoint Horticulture Workshopを開催しました。
  • 2015年8月6日:農学部オープンキャンパスで分野を紹介しました。
  • 2015年7月12日:研究室の同窓会を開催しました。
  • 2014年12月4-6日:田尾准教授が国際園芸学会理事会を京都大で開催しました。
  • 2014年10月31日:カキの雌雄性に関する研究がScienceに掲載されました。
  • 2014年8月15日:田尾准教授が国際園芸学会理事に選出されました。
  • 2014年3月29日:田尾准教授が園芸学会賞を受賞しました。

オープンセミナー

果樹園芸セミナー

  • 2018年10月22日:第8回 The pomegranate as a model for studying the genetics of dormancy in fruit trees (Dr. Doron Holland, Newe Yaar Research Center, Agricultural Research Organization, Israel)
  • 2018年5月18日:第7回 Sustainable horticulture and nutritional security (Prof. Sisir Kumar Mitra: Former Dean, BCKV, India)
  • 2018年4月20日:第6回 Resistance to plum pox virus (PPV) in apricot (Prunus armeniaca L.) is associated with down-regulation of two MATHd genes (Dr. Elena Zuriaga: Valencian Institute of Agriculture Research, Spain)
  • 2018年2月27日:第5回 Blueberry introduction, research, and extension progresses in Taiwan (Assis. Prof. Kuo-Tan Li: National Taiwan Univ. Taiwan)
  • 2017年8月25日:第4回 Tropical fruit production in India: Technology development (Prof. Sisir Kumar Mitra: Bidhan Candra Agric. Univ., India)
  • 2017年6月2日:第3回 1. Origins and structure of somatic variation in the grapevine: how these phenotypes help in the study of the regulation of reproductive development. 2. The microvine, a biological model, versatile and efficient to boost grapevine research in physiology and genetics (Prof. Laurent Torregrosa: Montpellier SupAgro, France)
  • 2016年12月19日:第2回 Advanced technologies in horticulture: what can we learn from one sector to another?(Prof. Silvana Nicola: Div. Agronomy & Hort. Sci., Univ. Turin, Italy)
  • 2016年11月30日:第1回 果物の輸出促進に向けた産官学連携による実証型研究事業に関して (岡山大学・環境生命科学研究科・中野龍平 博士)
PAGE TOP